坐骨神経痛


こんな症状でお困りではありませんか?


腰の痛みがお尻、足までつづいている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

✅病院や整骨院に通ったが治っていない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

✅湿布や痛み止めが効かなくなってきた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

✅腰から足のしびれで日常に支障がある

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

✅手術以外の方法を探している

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

✅身体に優しい治療を探している

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

✅痛みで仕事や家事に集中できない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これ以上注射や痛み止めには頼りたくない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

✅病院で検査したが異常ないと言われた

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

✅悪くなるんじゃないかと不安になっている

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

疲れが取れなくなっている などなど

 

坐骨神経痛の原因とは?


多くの坐骨神経痛の原因が日常生活と結びついているので、坐骨神経痛はクセになりやすいと思い込んでいる人も多いのではないのでしょうか。

 

しかし、実は坐骨神経痛含め身体の不調は、ほおっておいても改善するのが通常です。

 

坐骨神経痛とは腰椎や仙椎からでた坐骨神経に沿って、腰、お尻、太もも、ふくらはぎあたりにかけて出る痛み、もしくは痛みを伴う症状の総称です。

 

一般的に言われている原因は、ヘルニアなど腰椎に障害のあるもの梨状筋症候群と呼ばれる股関節周りの筋肉の緊張によるものが多くを占めています。

 

ヘルニアなどの場合では、腰椎に負担がかかる動き方、不良姿勢、使い過ぎなどが原因となります。

 

梨状筋症候群の場合でも、股関節周囲の筋肉が硬くなっていることが原因となります。

 

また人それぞれ日常の負担、身体の使い方は違うものなので、負担をかけている原因も人それぞれ違う場合がございます。

 

原因に共通するものとは?


坐骨神経痛の症状は様々です。

原因も人それぞれです。

 

しかし、身体の原因には共通するものとして、「身体の緊張」があります。

 

ヘルニアなどの場合、腰椎に負担をかけることが原因で、腰椎周囲の筋や筋膜などが緊張してしまいます。

 

梨状筋症候群でも股関節周囲の筋や筋膜などが日常生活の中で緊張し、血行不良などが起きてしまいます。

 

ですので、身体の治療と共に、普段の身体の使い方などを覚える必要がある場合もあります。

 

身体を「ゆるめる」ことが大事


坐骨神経痛に限らずですが、通常人間の身体は休まることで自然と治っていくようにできています。

 

これは自然治癒という現象があるからです。

 

身体が緊張した状態だとうまく自然治癒力が働いてくれず、治りづらくなっていると考えらます。

 

そういう場合には、まず身体を緩める必要があります。

 

身体が緩むことで、うまく自然治癒力が働いてくれるので、自然と良い状態へとなっていくわけです。

 

当院で行う施術について


当院では、身体は全身を含めて一つであると考えています。

 

坐骨神経痛の場合には、腰や股関節だけを施術するのではなく腰を含めた全身をほぐし、ゆるめていきます。

 

痛めた部分だけを施術するよりも、そのしわ寄せを受けた全身のバランスを整えたほうが断然効果が高いからです。

 

必要であれば、筋肉を優しくほぐしたり、骨格の調整、筋膜、自律神経、血流、内臓、リンパなどを調整いたします。

 

またバキバキやポキポキ鳴らすような施術は、人によっては緊張してしまう方がおられるので、いたしておりません。

 

優しく全身を十分に緩めていき、本来の位置へ調整するというものです。

 

 

 当院では精神的な不調のみならず身体的不調においても整体治療と共に医療催眠を利用しております。 

 

体だけを施術して緊張を取り除いても、思考や心の状態が変わっていなければ、元の習慣に戻ってしまいます。

 

物事の捉え方によっては、精神的な不調のみならず、体にもそのような不調として現れることがございます。

 

人間は誰しも自分の考えを否定されたり、人の意見を押し付けられることが嫌いなものです。

ですが、有益ではない情報が原因で心身に不調が出ている場合などは、非常にもったいない事です。

 

催眠と聞くとテレビで見るような手が固まるなどのショー催眠を想像し、怪しいと考える方も少なくないでしょう。

 

しかし、治療で用いる医療催眠の本質は、患者様との信頼関係を築き、心身ともにリラックスして頂き、ステップアップに本来必要な情報を吸収していただくための過程に他なりません。

 

治療のための催眠はテレビで見るような派手なことはしません。

身体や思考のクセをリラックスの中でゆっくりと解きほぐしていくような具合です。

 

 

施術の中でゆっくりとお話をし、良くなっていく流れの中で必要と思われる場合に使用します。

 


LINE予約フォーム
↑こちらをタップで【LINE予約】へ移動します↑
メール予約フォーム
↑こちらをタップ、もしくはクリックして頂くとお問い合わせフォームへ移動します↑

【お問い合わせはこちら】

098−894−8383

(↑スマホでタップするとつながります)